同じマンションなのに分譲と賃貸 何が違うのでしょうか?

同じマンションなのに分譲と賃貸 何が違うの?

同じマンションなのに分譲と賃貸 何が違うの?

「分譲マンションと賃貸マンションの違い」というのは、どこにあるのでしょうか。分譲と賃貸に、定義のようなものはあるのでしょうか。分譲マンションに暮らすのと賃貸マンションに住むのとでは、何か違いは生じるのでしょうか。大きな違いで1つご説明すると分譲は、分ける、譲ると書くように、売りに出されたマンションのことです。これに対して賃貸は、家賃貸し、つまり家賃を取って一定期間人に貸すことを専用にしたマンションのことを指します。それにしてもよく考えてみると、疑問は次々に出てきます。実はこの分譲と賃貸の違いというのは、けっこういろいろな面に影響しているのです。とくに、これからマンションに移り住もうと計画している方には、お役立ち情報がたくさんあったほうが便利です。

そこでこのサイトでは、分譲マンションと賃貸マンションの違いに関連したさまざまな事項を取り上げ、みなさまのお役に立てたらと特集を組むことにしました。たとえば、「マンションの各部屋は、それぞれの世帯がある」とか、「分譲マンションの中に、賃貸物件があるのはなぜ?」、「分譲貸し物件になった経緯は?」、「分譲貸しになると生活は変わる?」など、みなさまからの疑問に答えた形式のものも含めて、ぜんぶで16のテーマに分かれています。これからの計画や暮らしの便利度アップに、どうぞお役立てください。

同じマンションなのに分譲と賃貸 何が違うの?

マンションの各部屋は、それぞれの世帯

マンションの各部屋は、それぞれが独立した世帯なのです。

分譲貸し物件に住むと、何が違うの?

分譲貸し物件に住むと、何がどのように違うのでしょうか。

Copyright(C) 2011 - 同じマンションなのに分譲と賃貸 何が違うの? - All Rights Reserved.